テキスト(教材)について
 
​      「Oxford Reading Tree」+ 当校オリジナル教材
 
             二つの教材をレベルに合わせて使っていきます。
「Oxford Reading Tree」とは
 オックスフォード大学出版局が出版する、イギリスの小学校の80%以上で使われている
「国語」の教科書です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
初級では一冊は10ページ程度と薄く、
文章もごく短いので、拍子抜けされるかもしれません。
しかし、出てくる表現は日常生活でよく使われる表現で、
これを繰り返し練習することで、確実に英語力が身に付くよう
にできています。
イギリスの子供が、英語を学ぶようにフォニックスによる、
音と綴りの関係を学習できるのです。
このテキストは、多くの日本国内の英会話教室で使われていますが
内容がシンプルなだけに、講師の力量によって学習内容に大きく差が出るため
講師にとっても扱いが難しいテキスと言われています。
当校の講師は、フォニックス指導のセミナーや指導経験も豊富です。
この教材を最大限に生かしたレッスンを行っておりますのでご安心ください。
レベルは1~10までありますが、ストーリー性のつながりや
オチがあり、犬のフロッピーなど親しみ深いキャラクターと共に
成長していくように学習できます。
大人でもそうですが、いきなり分厚い教科書を渡され
「さぁ、勉強しましょう!」
と言われてやる気が湧いてくる人はあまりいないのではないでしょうか?
私の経験上、子供(特に小学生)では
「では、教科書の35ページ開いてください。」
と言われパラパラと教科書をめくっている時点で、やる気が無くなって
しまう子も少なくありません。
ボリュームが少ないテキストを繰り返し学習し、
1~2か月サイクルで終了し、新しいテキストに移るスタイルで
確実に英語力を身に着けます。
また、1冊完了するごとにお子様の達成感も生まれます。
 
また、小学校の教科書に出てくる単語や表現を考慮したオリジナル教材や
お子様のレベルや興味に合わせて、毎レッスンごとに楽しく学べる工夫を
こらした教材なども併用してまいります。

小学生/中学生